ホテルファンド注目の理由

さて、何故今ホテルファンドが注目されているのか?

それは、新聞等でも取上げられておりますが、金融商品取引法という新しい法令が施行される予定だからです。この法令の施行により、現行での販売体制のもとで活動することができなくなります。

新しい法令の施行以降の新商品の仕組みや募集体制についてなどは、現在さまざまな方向性を検討中とのこと。おおよその方向性は決まっておりますが、詳細は、9月以降に公表予定。

新法施行後はどのような形をとったにせよ、法令対応のためのコスト増に伴い、現状の利回り8.4%を確保するのが難しいと考えられます。

レジャーホテルファンド 高配当の秘密

レジャーホテルファンドが何故8.4%の高配当を出せるのか?

レジャーホテルを投資対象にしたのには6つの理由があります。

1.競争率が低い
  →大手企業が居ない
  →新規参入が困難

2.営業利益率が高い
  →客室回転率が高い
  →運営コストが安い

3.投資利回りが高い
  →安価な初期投資
  →高い収益性

4.リニューアルで売上向上
  →高い収益改善力

5.キャッシュフロー予測が容易
  →明確な収益推移

6.収益の安定が継続的
  →市場認知度が高い
  →リピーターの存在
  →ホテル集積地の集客力

これら6つの分かりやすい収益構造であるため
安定的に高配当を得ることが出来るのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。